(H28属は男子のみ)
「教えて」柴高!!

「教えて」柴高!!(柴田高校Q&A集)

▼柴田高校はどういう学校ですか?
▼柴田高校の目標は何ですか?目標達成への取り組みはどのようなことがありますか?
▼進路達成に向けての指導体制はどのようになっていますか?
▼バイク通学やアルバイトは認められていますか?
▼「総合的な学習の時間」では、何を学びますか?

【普通科の質問について】

▼普通科の特徴を教えてください。
▼進路達成のために何をしているのですか?
▼どんな運動部がありますか?

【体育科の質問について】

 [体育科紹介]

▼柴田高校の体育科とはどのような学科ですか?
▼体育科の目標は何ですか?どのような取り組みが行われていますか?
▼体育科と普通科では普通科目の授業時間はどれくらい違いますか?
▼体育科の専門科目にはどのようなものがありますか?
▼体育科で部活動をやりながら大学進学ができますか?
▼体育科へはスポーツの実績がないと入れませんか?
▼学校生活や寮生活で先輩や後輩の関係は厳しいですか?
▼寮生活はどのようになっていますか?



Question
柴田高校はどういう学校ですか?

Answer
仙南地区で男女共学の「普通科」「体育科」の2学科を有する普通高校です。

 柴田高校というと「体育科」を思い浮かべる人が多いと思います。体育に関する施設設備の充実はもちろん、指導経験と熱意ある指導者の充実など、部活動に打ち込める条件が整っており、全国大会に出場する生徒も毎年おります。普通科では大学進学や看護医療系専門学校への進学を目指し、習熟度別授業や課外講習などで実力の養成を図っています。また普通科の生徒でも東北大会や全国大会に出場した生徒もおり、勉学や部活動に打ち込むことが出来るという環境の充実が本校の普通科にはあります。

↑上へ



Question
柴田高校の目標は何ですか?目標達成への取り組みはどのようなことがありますか?

Answer
「学力の向上」を目標として、さまざまな目標を持って入学してくる生徒諸君の「進路達成」を目指し、学校生活の全てにおいて指導体制を整えています。

 学校の基礎づくりにかけてきた体験と実績を土台とし、生徒諸君の「進路達成」を前面に掲げています。

(1) 個性の伸長と進路達成を目指したカリキュラムの編成

(2) 多様な学習形態と自律的な学習態度を育成する評価方法

(3) 生き生きした規律ある学校生活

(4) 各個人個人の理解度に合わせた習熟度学習の導入(数学、英語)

 柴田高校での学習や生活については、入学後に行なわれるオリエンテーションの中でしっかり確認します。

↑上へ



Question
進路達成に向けての指導体制はどのようになっていますか?

Answer
授業の充実とそれをサポートする様々なシステムが工夫されています。

(1) それぞれの進路目標に合った科目をしぼり込んで学習します。

(2) 問題演習の時間を授業の中に設定し、徹底した指導を行ないます。

(3) 講習が長期休業中や、平日の放課後に組まれています。1、2年生は英語、国語、数学を中心に、3年生は、それに社会、理科がプラスされます。

(4) 個別面談や進路ガイダンス・進路講話が年間計画の中に組み込まれています。また、それとは別に、必要に応じクラス担任や教科担任の面談は随時行なわれています。

(5) 模擬テストの受験を推進しています。実践力をつけるため、進学、公務員、看護、民間企業ともそれぞれの模擬テストを実施しています。各自の進路に応じ、全員受験することが望ましく、事前指導や事後指導を行なうなど、模試をとおして力をつける工夫がなされています。

(6) その他、週末課題、朝自習、添削を中心とする個別指導など、部活動との調和をはかりながら生徒と先生の間で、さまざまな学習形態が取られています。

↑上へ



Question
バイク通学やアルバイトは認められていますか?

Answer
バイクは一切認めていません。

 本校では、生徒諸君一人ひとりが、学習や部活動に専念し、自分を伸ばし安全に高校生活を送ってもらうために、一般的な高校生としての規範のほかに、次のような約束を守ってもらっています。

・バイク(原動機付自転車、自動二輪)は、通学はもちろん免許の取得も認めていません。ただし、普通乗用車の免許取得については、3年生に学校の指定する日から自動車学校への通学を認めています。

・アルバイトは、長期休業中に限り一定条件のもと認めています。

↑上へ



Question
「総合的な学習の時間」では、何を学びますか?

Answer

・本校では、大学入試や就職試験等で、小論文・面接の時にきちんと自分の考えを表現できるようにするための様々な取り組みをしております。

・就業体験(インターンシップ)、大学のオープンキャンパス参加や外部講師による講話、「モラルジレンマの発生するケース」を題材としたバズセッション(話しあい)、小論文の書き方の練習など、内容は多岐にわたります。

・1年生の時に1単位分、2年生の時に2単位分の内容を学習します。

↑上へ


「教えて」柴高!!普通科


Question
普通科の特徴を教えてください

Answer
普通教科の学力向上を通して、希望進路を実現します。

・1年生では国、数、英を重点に共通の教科、科目を履修します。この時期に学習習慣を確立し学力向上を図る基礎とします。

・2年生では数学・国語、社会に選択科目があり、それぞれの進路達成のために取り組むことができます。

・3年生では選択科目が豊富で、きめ細かな選択と徹底した学習指導で各自の進路達成を推進します。

↑上へ



Question
進路達成のために何をしているのですか?

Answer
進学希望者の学力を確実に伸ばしていきます。

 大学等の推薦入試やAO入試による合格者に加え、一般入試での合格者を増やすことが柴高変革の鍵と考えています。そのため、カリキュラムの見直しや細かな学習内容にまで踏み込んだ指導方法の改善など、全校をあげて取り組んでいます。

 また、公務員をはじめ、高校生をめぐる就職状況はめまぐるしく変化しています。このような状況に対応する力をつける指導も、重要な課題として取り組んでいます。

↑上へ



Question
どんな運動部がありますか?

Answer
運動部は次の13の部があります。

陸上(男・女),野球(男),剣道(男・女),体操(男),ウェイトリフティング(男・女)
水球・
水泳(男・女),柔道(男・女),サッカー(男),ソフトテニス(男・女),卓球(男・女),バスケットボール(男・女),バレーボール(男・女),ソフトボール(女)

■普通科の生徒と体育科の生徒に活動時間や活動内容の差はありません。

■体育科の授業である「専攻実技」と一体となっている部活動が、太字赤色の7つの運動部です。体育科の生徒はこの7種目のいずれかの部に所属しなければなりません(普通科の生徒もこれらの部に所属して活動できます)。これらの部では全国レベルの競技力を身につけることを目指しています。

↑上へ


「教えて」柴高!!体育科

体育科紹介

■充実した施設・設備が整っており、全国に通用する競技力を目指すために、下表の7種目に限って生徒募集をしております。

■陸上競技、柔道、剣道、ウエイトリフティング、体操競技、水球、野球は創立以来、東北大会、全国大会等へ出場しており、入賞を果たしたこともあります。

■「競技力の向上」はもちろんですが、高校生としての「学力」も身につけ進路目標を達成できるよう力を合わせて頑張っています。
 

No専門実技種目
1陸上競技 (男女)
2野球  (男)
3柔道  (男女)
4剣道  (男女)
5体操競技  (男女)  ※H28 所属は男子のみ
6ウエイトリフティング  (男女)
7水球  (男)      ※H28 所属は男子のみ


Question
柴田高校の体育科とはどのような学科ですか?

Answer
学力と競技力を兼ね備えたスポーツエリートの育成を目指します

 普通教科の学力と専門種目の競技力の向上を通して、スポーツ振興に寄与できる人材の育成を目指します。それぞれの進路目標を達成するには、最初から「部活だけをすればよい。」という考えではいけません。スポーツも学習も本気で取り組み、自分を伸ばそうとする気構えをもって下さい。全国レベルで活躍したいと望んでいる諸君に、柴田高校のスタッフは全力で応えます。

↑上へ



Question
体育科の目標は何ですか?どのような取り組みが行われていますか?

Answer
体育系大学を目指す人、また部活動をやりながら進学を考えている人、スポーツ関係への道に進みたい人、あなたの進路達成を約束します。

本校で真剣に学び日本一を目指しましょう

◎競技力向上を目指して

・県レベルから全国レベルへ進出するための幅広い体力づくりのため、科学的なトレーニング法を導入しています。まず理論を学び、集団または個人で実践します。同時に体力を支える精神面の充実を図ります。

・指導スタッフには体育科の教員の他、外部からの指導者も加わることがあります。自分自身が内面から変わっていくのが実感できるはずです。

◎学力の向上を目指して

・習熟度別授業や、普通科との共習科目の設置により、個人の進路目標に合った学習形態がとれるようにしています。

↑上へ



Question
体育科と普通科では普通科目の授業時間はどれくらい違いますか?

Answer
体育科の総授業時間数の中で体育専門科目が占める割合は"25%"弱です。

3年間の
総単位数

普通科目の
単位数
専門の
単位数
普通科目の単位数差
体育科 97 72 25 体育科の少ない分は
8単位
普通科 88 80(体育8を除く) 0

 体育を除く普通科目について比較すると、体育科は3年間で8単位分、普通科より少ないことになります。しかし、普通科と一緒に授業を行う選択科目が多くあり、進路希望に応じた学習に取り組むことができます。

↑上へ



Question
体育科の専門科目にはどのようなものがありますか?

Answer
幅広いスポーツ理論を学び、深い知識を習得して実践するための授業が展開されています。

・一般的な専門科目

座学:スポーツ概論、スポーツ総合演習(課題研究と実践)

実技:スポーツI(体操・陸上・水泳)、スポーツII(球技)、
    スポーツIII(柔道・剣道)、スポーツY(体つくり運動)

・専攻実技:自分の得意種目を専門的に伸ばす科目。部活動と一体となっている。

・スポーツX:スキー実習(1、2年次山形蔵王)、ゴルフ実習(3年次)

↑上へ



Question
体育科で部活動をやりながら大学進学ができますか?

Answer
できます!これまでの推薦合格の実績に加え、一般入試での進学も目指します。

 これまでも沢山の卒業生が国立、私立の体育系はじめ、多くの学部・学科の大学・短大への進学を達成しています。この実績を大幅に伸ばすことがこれからの柴田高校体育科の最大の目標の1つです。

 大学進学には、部活動や日頃の学習の実績をもとに推薦で進学を実現する方法と、受験科目をしっかり勉強して一般入試で合格する方法とがあります。どちらにしても「学習」抜きでは語れません。授業を最重点におきながら、部活動後の「学習」や「個人添削」などにより、学習時間の確保と学習方法の工夫をし、援助をしています。

↑上へ



Question
体育科へはスポーツの実績がないと入れませんか?

Answer
実績もさることながら、スポーツを通して自分を高めたいという強い思いがあれば十分です。

 もちろん本校にはすばらしい実績を持って入学してくる人もいます。しかし数的には、中学時代はそれほど実績がなかったにもかかわらず、高校入学後の指導者やよき仲間との出会いの中で飛躍的に力をつけ、大きな成果を残している人が多いのです。あなたも大丈夫です。あきらめず、へこたれず本気で取り組めば道は必ず開けます。

↑上へ



Question
学校生活や寮生活で先輩や後輩の関係は厳しいですか?

Answer
体育科は他人への思いやりとチームワークを最も大切にします。

「親しき仲にも礼儀あり」です。先輩・後輩の区別はありますが、差別はありません。もちろん、むやみに後輩をいじめたりする先輩はいません。

 礼儀といえば、本校の「あいさつ」は県内一と言われていますが、やるべきことを常にやっていれば礼儀は自然に身につくものです。これらも先輩たちから脈々と受け継がれている伝統です。前向きに生きようとする学校そのもののエネルギーこそが大切なのだと思います。もちろん、全国を目指して学習と部活動に取り組むのですから、様々な悩みや困難が待ち構えています。そんなときは、先輩が親身になって相談にのってくれます。高いレベルを目指して共に汗を流した仲間の力がいかに大きいか、きっと実感できるはずです。

↑上へ



Question
寮生活はどのようになっていますか?

Answer
学校で設置している寮はありません。地域の方々の協力により運営されている寮があります。

 遠くの地区から入学してくる体育科の生徒や保護者にとって「どこに住むのか?」ということはもっとも大きな関心事でしょう。現在、県や学校で設置した寮はありませんが、地域の方々のご協力により運営されている寮があります。

■寮費は1カ月税抜き約6万円で、1日3食を原則としています。
  (※ただし、日曜、祝日は食事は出ません)

■1人部屋が基本で1室は6畳前後です。

■管理人の方や顧問の指導により、決められた生活時間の中で生徒が自主的に運営しています。

■普通科の生徒で運動部に所属し、寮生活を希望する場合は体育科の生徒と一緒に生活します。
 それ以外の普通科の生徒に関しては、下宿や寮の斡旋はしておりません。

↑上へ



|| 戻る || ||トップ||

Copyright (C) 2002 MIYAGIKEN SHIBATA HIGH SCHOOL All rights reserved